雲南ビザ・ボーダー情報

戻る

中国

 昆明での中国のビザ更新はの北京路の塘子巷バス停北側の雲南警察ビザ専用窓口で受け付けている(建物上のVISAのマークが目印)。留学ビザについては、雲南大学、雲南師範大学、民族学院、昆明理工大学、華僑学校、東方学校のいずれでも取得できる。ただし、ビザなしで入国すると、留学ビザはとれず、あらためて1ヶ月以上の観光ビザを取得する必要があるそうだ。

ベトナム(日本人は15日以内はノービザで訪問可)

 ボーダーはいくつかあるが、外国人に開放しているボーダーは河口・ラオカイだけ。現在ベトナムに行く国際列車は運行休止中であり、河口まではバスを使うのが唯一の方法。昆明から河口までは一日数本直行する夜行バスが走っている。河口の街やベトナム側のラオカイ(老街)自体は大きいので食べるところ、寝るところには困らない。ベトナム大使館は昆明駅近くの超高層ホテル「佳華広場酒店」にある。

中国ベトナム国境・天保(外人通り抜け不可)

ラオス(日本人は15日以内はノービザで訪問可)

 ボーダーはボーテンの一箇所のみ。外国人にも開放している。中国側もラオス側も街は非常に小さいので通過するほうが無難。ラオス大使館は昆明の茶花賓館内にあり、ビザは取得可能。昆明・ビエンチャン(景洪・ルアンパパン経由)間を4日で走破する国際バスが出ている。

中国ラオス国境・ボーテン(外人通り抜け可)

ミャンマー

 ボーダーはいくつかあるが、どこも外国人は原則的に通過はできない。ボーダーを見るだけ見たいのなら、瑞麗(ルイリー)が一番大きな町で無難。昆明から直行バスも出ている片馬は街自体が危険なので避けること。通れない以上関係ないが、ミャンマー大使館はラオス大使館と同じく昆明にある。

中国ミャンマー国境・片馬(外人通り抜け不可)

その他、昆明にはタイ大使館(昆明飯店敷地内)もある。

 

航空会社のオフィスは以下の通り

大韓航空 5つ星ホテルの邦克飯店(バンクホテル・得勝橋)

タイ国際航空  昆明駅の近く。

中国東方航空 糖子巷(北京路)と春城路の間の金碧路沿い北側。

戻る